Home > III 財産にかかる税金 > 09 固定資産税-財産にかかる市町村税 > 固定資産税の免税点

固定資産税の免税点

  • 最終更新日:2010年02月04日(木)  
  •  9.1 00-20 


[広告]


土地・建物・償却資産といった固定資産を少しでももっていたら、固定資産税はかかるのでしょうか?

固定資産を少しでももっていたら、必ず固定資産税がかかるというわけではありません。

土地・建物・償却資産それぞれに、固定資産税のかからない免税点が定められています。

市町村の区域内に、同じ人が所有する固定資産の課税標準額の合計額が、以下の金額に満たない場合には、固定資産税は課税されません。

固定資産の種類 免税点
土地 30万円
建物 20万円
償却資産 150万円

都市部などでは土地や建物の免税点を超えないことはあまりないでしょうが、償却資産については免税点を越えず固定資産税がかからないということは十分あり得ます。

固定資産を少しでももっていたら、必ず固定資産税がかかるというわけではありません。
土地・建物・償却資産それぞれに、固定資産税のかからない免税点が定められています。


『 09 固定資産税-財産にかかる市町村税 』の記事

[広告]


トラックバック:0

トラックバックURL
http://tax.fppad.jp/lib/809/trackback

Home > III 財産にかかる税金 > 09 固定資産税-財産にかかる市町村税 > 固定資産税の免税点

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ