Home > I 取引にかかる税金 > 03 消費税-取引にかかる税金の代表 > 消費税とは【必読】

消費税とは【必読】



[広告]


「消費税」とはどのような税金でしょうか。

取引にかかる税金の代表

消費税とは、日本国内で行われる商品の販売やサービスの提供などの取引が行われる際にかかる税金です。

取引にかかるもっとも代表な税金といえます。

日本で生活する上でもっとも身近な税金といってもいいでしょう。何か買い物をすればほとんどの場合、消費税がかかるわけですから。

間接税の代表

消費税は、実際に税金を負担する人と、納税する人とが異なる間接税の代表でもあります。

実際に消費税を負担するのは、商品やサービスの提供を受けた消費者ですが、納税するのは商品やサービスを提供した事業者です。

事業者は消費者から預かった税金を、消費者のかわりに納めていることになります。

消費税は国税+地方税

2009年現在、消費税率は5%ですが、そのうちの4%が国税としての「消費税」で、1%が地方税(道府県税+市町村税)である「地方消費税」です。

消費税とは、日本国内で行われる商品の販売やサービスの提供などの取引が行われる際にかかる、取引にかかる代表な税金で、実際に税金を負担する人と、納税する人とが異なる間接税の代表でもあります。

2010年現在の消費税率は5%ですが、4%が国税としての「消費税」で、1%が地方税である「地方消費税」です。

[広告]


トラックバック:0

トラックバックURL
http://tax.fppad.jp/lib/768/trackback

Home > I 取引にかかる税金 > 03 消費税-取引にかかる税金の代表 > 消費税とは【必読】

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ