Home > III 財産にかかる税金 > 10 相続税・贈与税-個人の財産にかかる国税 > 10.2 贈与税 > 贈与税とは【必読】

贈与税とは【必読】

  • 最終更新日:2010年02月06日(土)  
  • |
  •  10.2 00-10 


[広告]


「贈与税」とはどのような税金でしょうか。

何らかの財産をもらった人が納めなければならない国税が「贈与税」です。

贈与税は相続税とセットの税金で、「財産にかかる税金」と理解しておく必要があります。

相続のときに税金がかかるのならば、生きている間に、将来相続する人に財産を渡してしまおうと考える人はどうしてもあらわれてしまいます。

そのようないわば抜け道を防ぐ意味などから設けられているのが贈与税なのです。

ですから、贈与税は相続税ととても深い関係があり、贈与税は相続や相続税について定めている相続税法の中で詳細が定められています。

贈与税は相続税の補完税であるといういい方がされることもあります。

何らかの財産の贈与を受けた人が納めなければならない国税が「贈与税」です。

贈与税は相続税の補完税で、財産にかかる税金の一つです。

[広告]


トラックバック:0

トラックバックURL
http://tax.fppad.jp/lib/744/trackback

Home > III 財産にかかる税金 > 10 相続税・贈与税-個人の財産にかかる国税 > 10.2 贈与税 > 贈与税とは【必読】

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ