Home > II 儲けにかかる税金 > 07 住民税-儲けにかかる地方税 > 07.3 法人住民税 > 法人住民税とは

法人住民税とは



[広告]


「法人住民税」とはどのような税金でしょうか。

「法人住民税」とは、法人の儲けに対してかかる地方税の一種です。

道府県が法人に対して課税する「道府県民税」と、市町村が法人に対して課税する「市町村民税」とを総称して、「法人住民税」と呼んでいます。

個人の儲けに対して個人住民税がかかりますが、それの法人版です。住民税は個人だけが納めるものと考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、法人も住民税を納めています。

実務上、法人に対する道府県民税は、「法人道民税」「法人府民税」「法人県民税」などと呼ばれたりします。法人に対する市町村民税は、「法人市民税」「法人町民税」「法人村民税」などと呼ばれたりします。

「法人住民税」とは、法人の儲けに対してかかる地方税の一種で、道府県が法人に対して課税する「道府県民税」と、市町村が法人に対して課税する「市町村民税」の総称です。
[広告]


トラックバック:0

トラックバックURL
http://tax.fppad.jp/lib/663/trackback

Home > II 儲けにかかる税金 > 07 住民税-儲けにかかる地方税 > 07.3 法人住民税 > 法人住民税とは

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ