Home > II 儲けにかかる税金 > 05 所得税-個人の儲けにかかる国税 > 05.2 「所得ごとの所得額」の計算 > 不動産所得とは

不動産所得とは

  • 最終更新日:2010年02月18日(木)  
  •  5.2 01-30 


[広告]


「不動産所得」とはどのような所得でしょうか?
不動産所得の金額はどのように計算するのでしょうか?

不動産所得とは

「不動産所得」とは、不動産などの貸し付けから生じる所得です。

サラリーマンやOLさんが、賃貸アパート・賃貸マンションを持っている場合も、家賃収入等から必要経費をマイナスした利益が、不動産所得に該当します。

なお、同じ不動産に関連する所得でも、不動産を売却して得られた所得は不動産所得ではなく譲渡所得に該当します。

不動産所得の課税方法

不動産所得は、他の所得と総合して税額計算を行う総合課税で、必ず確定申告を行う必要があります。

不動産所得の金額

収入金額から、必要経費と、青色申告を選択していた場合は青色申告特別控除額を差し引いた金額が、不動産所得となります。

  • 不動産所得の金額
    = 収入金額 - 必要経費(- 青色申告特別控除額)
不動産所得とは、不動産などの貸し付けから生じる所得で、必ず確定申告を行う必要があります。

不動産を売却して得られる所得は、不動産所得ではなく譲渡所得です。

不動産所得の金額は
『 収入金額 - 必要経費(- 青色申告特別控除額)』
です。

[広告]


トラックバック:0

トラックバックURL
http://tax.fppad.jp/lib/57/trackback

Home > II 儲けにかかる税金 > 05 所得税-個人の儲けにかかる国税 > 05.2 「所得ごとの所得額」の計算 > 不動産所得とは

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ