Home > II 儲けにかかる税金 > 05 所得税-個人の儲けにかかる国税 > 05.1 所得税の概要 > 源泉徴収制度とは【必読】

源泉徴収制度とは【必読】

  • 最終更新日:2009年12月22日(火)  
  •  5.1 02-10 


[広告]


源泉徴収制度とはどのような制度でしょうか?

源泉徴収制度とは、会社員やOLさんの側から見ると、会社から給与を受け取るときや、預金の利息が支払われるときなどに、税金が天引きされて給与や利息などが支払われる制度です。

給与・利息などを支払う会社には、源泉徴収を行う義務があり、源泉徴収された税金は、給与・利息などを支払う会社が、給与・利息などの収入のあった人にかわって国に納めます。

2種類の源泉徴収

源泉徴収には2種類のものがあります。

  • 源泉分離課税の源泉徴収
  • 所得税の前払いとしての源泉徴収

源泉分離課税の源泉徴収

預金の利息が支払われるときの源泉徴収が、源泉分離課税の源泉徴収です。

源泉徴収だけで課税が完了しますので、何もする必要がないものです。

所得税の前払いとしての源泉徴収

給与の支払い時の天引きが、所得税の前払いとしての源泉徴収に該当します。

この程度の月給だと、年間この程度の所得になって、所得税はこのくらいになるだろうという、概算で決められた額が前もって天引きされるものです。

年末調整や確定申告で正しく税額を計算して精算する必要があります。

個人が源泉徴収しなければならないケース

通常は源泉徴収される側の会社員やOLさんにも、源泉徴収しなければならない義務が発生することがあります。

会社員やOLさんが、副業を行ったり、マンションを購入して賃貸収入を得ているようなときに、誰かに業務を依頼するようなケースです。

もっともあるのは、税理士さんに会計や税務を依頼するようなケースでしょう。

税理士さんに報酬を支払うときに、会社員やOLさんはその報酬に見合った額を源泉徴収して、税理士さんに代わって国にその源泉徴収した税金を納めなければなりません。

税理士さんとお付き合いがあれば、そのあたりは教えてもらえるでしょうけれど、まったくの一人で個人事業をはじめたようなときに、この源泉徴収制度をご存じない方が少なくないようです。

税理士さんの例をここではあげましたが、何らかの作業を外注さんに依頼したようなときに、外注さんの業種によって報酬を支払うときに源泉徴収しなければならないことがありますので注意が必要です。

源泉徴収制度とは、収入を受け取るときに、税金が天引きされて支払われる制度です。天引きされた税金は天引きした会社などが納税します。
源泉徴収には、源泉分離課税の源泉徴収と所得税の前払いとしての源泉徴収の2種類があります。
[広告]


トラックバック:0

トラックバックURL
http://tax.fppad.jp/lib/466/trackback

Home > II 儲けにかかる税金 > 05 所得税-個人の儲けにかかる国税 > 05.1 所得税の概要 > 源泉徴収制度とは【必読】

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ