Home > II 儲けにかかる税金 > 05 所得税-個人の儲けにかかる国税 > 05.4 所得控除と「課税所得金額」の計算 > 生命保険料控除とは

生命保険料控除とは

  • 最終更新日:2010年02月17日(水)  
  •  5.4 02-35 


[広告]


「生命保険料控除」とはどのような所得控除でしょうか?

生命保険料控除とは

生命保険料や個人年金保険料を支払ったときに差し引ける所得控除が、「生命保険料控除」です。

確定申告や年末調整の際には、支払いの証明書の添付や提示が必要です。

生命保険料控除の控除額

生命保険料控除では、「一般の生命保険料」「個人年金保険料」の2つに区分して、それぞれ控除額を計算します。

控除額は、以下のように支払った金額に応じて定められています。

年間払込保険料 控除額
25,000円以下 支払った保険料の全額
25,000円超 50,000円以下 支払った保険料×1/2
+ 12,500円
50,000円超 100,000円以下 支払った保険料×1/4
+ 25,000円
100,000円超 50,000円

生命保険料控除の控除額は、一般分の最高額が5万円・個人年金分の最高額が5万円で、合計10万円まで所得から差し引くことができます。

生命保険料や個人年金保険料を支払ったときに差し引ける所得控除が、生命保険料控除です。

生命保険料控除の控除額は、支払った金額に応じて控除額が定められており、一般分の最高額が5万円・個人年金分の最高額が5万円で、合計10万円まで控除できます。

[広告]


トラックバック:0

トラックバックURL
http://tax.fppad.jp/lib/456/trackback

Home > II 儲けにかかる税金 > 05 所得税-個人の儲けにかかる国税 > 05.4 所得控除と「課税所得金額」の計算 > 生命保険料控除とは

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ