Home > II 儲けにかかる税金 > 05 所得税-個人の儲けにかかる国税 > 05.5 所得税の税率と「税額」の計算 > 複数ある所得税の税率

複数ある所得税の税率

  • 最終更新日:2010年02月08日(月)  
  •  5.5 00-10 


[広告]


所得税の税率はどれくらいなのでしょうか?

一般税率

所得税の税率というと、一般的には以下のようなものです。

課税所得金額 税率
195万円以下 5%
195万円超 330万円以下 10%
330万円超 695万円以下 20%
695万円超 900万円以下 23%
900万円超 1800万円以下 33%
1800万円超 40%

これは平成19年(2007年)以降に使われている税率表(一般税率表)です。

所得税計算に使われる税率は、これだけではありません。
他にも税率があります。

一般税率を利用して税額を計算するのは、

  • 総合課税分
  • 退職所得分
  • 山林所得分

の所得税だけです。

分離課税の税率

他の分離課税分の所得税については別の税率が定められています。

株式等の譲渡所得、不動産等の譲渡所得にかかる税額は、別の税率を利用します。

株式等の譲渡所得分の税率は、上場株式の場合7%、その他の株式の場合15%です。

  • 株式等の譲渡所得分の所得税税率(上場株式)= 7%
  • 株式等の譲渡所得分の所得税税率(非上場株式)= 15%

不動産等の譲渡所得のうち、短期譲渡所得分の税率は30%、長期譲渡所得分の税率は15%です。

  • 分離短期譲渡所得分の所得税税率= 30%
  • 分離長期譲渡所得分の所得税税率= 15%
所得税の税率には、一般税率・株式等の譲渡所得分の税率・不動産等の譲渡所得分の税率があります。


『 05.5 所得税の税率と「税額」の計算 』の記事

[広告]


トラックバック:0

トラックバックURL
http://tax.fppad.jp/lib/366/trackback

Home > II 儲けにかかる税金 > 05 所得税-個人の儲けにかかる国税 > 05.5 所得税の税率と「税額」の計算 > 複数ある所得税の税率

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ