Home > 0 税金の基礎の基礎 > 02 さまざまな税金-税金の種類・分類 > 税金の分類方法

税金の分類方法

  • 最終更新日:2009年12月18日(金)  
  •  2.2 00-30 


[広告]


50種類以上も存在する税金について理解するにはどうしたらいいのでしょうか?

50種類以上も存在する税金についてすべて理解するのは、税金の専門家であっても大変なことです。

個々の税金の細かなことを知ろうとするよりも、たくさんある税金を分類して、ザックリ理解することが有効です。

その分類方法も、観点によっていくつも考えられ、以下のような分類が一般的には、よく行われます。

分類区分 分類の方法
国税と地方税 税金を納める先による分類
直接税と間接税 税金を負担する人と税金を納める人との関係による分類
申告納税方式と賦課課税方式 税金の納める方法による分類
普通税と目的税 税金の使い道による分類
収得課税・財産課税・流通課税・消費課税 課税理由による分類

さまざまな分類がありますが、税金の全体像を把握するには、どんなときに税金がかかるようになっているのかを整理して理解するのが有効です。

このサイトでは税金を、

  • 取引にかかる税金
  • 儲けにかかる税金
  • 財産にかかる税金

という3つに分類して解説していきます。

税金は観点によっていろいろな分類方法があります。
このサイトでは、「取引にかかる税金」「儲けにかかる税金」「財産にかかる税金」の3つに分類して解説していきます。
[広告]


トラックバック:0

トラックバックURL
http://tax.fppad.jp/lib/16/trackback

Home > 0 税金の基礎の基礎 > 02 さまざまな税金-税金の種類・分類 > 税金の分類方法

検索
あわせて読みたいブログパーツ

このページの一番上へ